2017/10/27 18:15

普段、よく料理を作ってくれる女性が正月三が日は休んでもらおうという意味と「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」、「火の神である荒神を怒らせないために正月に火を使わない」という平安後期からの風習のようです。